スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメは生ものじゃない

アニメは流行ってる時に見ないとダメ、みたいな意見を最近よく耳にします
鮮度があるんだって。ツイッターとかブログとかでみんなで感想を話したりしてる時が一番面白いんだって


まあ、最近はニコニコチャンネルとかで大体のアニメを見れるから、地方と首都圏の格差はなくなってきてますし、それ自体はとてもいいことだと思うんだけど、そのせいでブームに乗ってるだけのなんちゃって君が増えたような気がするんですよね
普通の趣味の中に普通に「アニメを見る」っていうことをプラスできる人、っていうのかな?


これは俺の意見ですけど、なんていうか熱が見えてこないんですよね、こういう人って
まどっちが面白い、シュタゲあの花いろは面白い、それはわかります
じゃあそれらのどういうところが面白いと思うの?って言われて、答えられる人がどれだけいるんだろう


これ答えられない人って、アニメ好きですっていうよりも、アニメを肴にして盛り上がるのが楽しいですって人なんじゃなかろうか
別にそれを否定するわけじゃないし、今の時代はそれでいいのかもしれないけど、少なくとも俺はそういう人とはあまり仲良くなりたくないな、と思います
だって、それってブームが終わったらすぐに違う作品に移るってことでしょ?
そんなことやり続けたら永遠に過去の作品を再評価する機会は失われちゃいますよね
もったいない


なんていうか、こんな時代だからこそ受け手側一人一人がしっかり自分の意見を持つ、っていうのが大事なような気がします
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。