スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの花7話「ほんとのお願い」雑記

この回の大きなテーマは以下の二つだったと思ってるんで、この二つに絞って感想を書きます


1 ほんとのお願い(?)の提示。
2 じんたんの復活と挫折。





まず1ですけど、ぶっちゃけこれが叶えたらめんまが成仏するレベルのお願いだとは思ってません
自分のことよりも友達のことが大事なめんまらしいお願いではありますが、じんたんのお母さんはもう亡くなってるしなぁ…


ほんとのお願いと言えば、またあの日の情報が追加されましたね
めんまがじんたんに内緒でみんなを集めた、ってアレです
見た感じじんたんに対して隠し事一切しなさそうなめんまが、じんたんに内緒にする話ってなんでしょうね?
まず色恋沙汰ではないですよね、それだったらゆきあつはあんなことしないし


だとしたらやっぱり「転校」とかですかね?
これはEDの歌詞からの想像になりますけど、結構膨らんだんで書いてみます


めんまのお父さんって堅物そうだし、お母さんはお母さんで6話でじんたん達に会った時のリアクションや、7話ラストのセリフが結構ひどかったですよね…
めんまの両親ってめんまがじんたん達と遊ぶことに対して、当時あまりいい印象を持ってなかったんじゃないかなぁと思うわけです
あの時は、このままでは娘のためにならないから引っ越す!とか言い出したんじゃないですか?
めんまの家金持ちそうだからすぐ引っ越せそうだし


で、めんまはじんたんが一番好きだったから、じんたんには引っ越すことが言えなくて、でもみんなのことも大切だと思ってるから、みんなには言った
みんながそれを聞いたその後、なんで来たかは知らないけどじんたんが合流して、1話の回想シーンへ…みたいな流れだと綺麗じゃないですか?
あなるがじんたんにめんまへの気持ちを確認させた理由と、ゆきあつがめんまにあのタイミングでぱっちんを渡した理由が、この説だと説明つくかな…と


じんたんに本当のことを伝える前に死んでしまって、しかも自分の死によってみんなが離れてしまった
自分が生き返ることは絶対に出来ないから、せめてみんなには仲良くして欲しいな、っていうのがめんまの本当のお願いなんじゃないですか?
そしてそれが叶う…みんなが仲良くなるってことは、みんながめんまの死に囚われないようになったってことなんで、めんまが成仏できる…っていう
どうでしょう?




閑話休題して2
めんまのお願いを叶えるためにバイトしたり、あなると仲良くなったり、ようやく主人公らしくなってきたじんたんを阻んだのは、皮肉にもめんまのお父さん…っていうね…
理不尽だなぁ…「高校生に協力するな」って言っちゃう辺りがさすが堅物


じんたんが前向きになったのを見た時に、これから一つ大きな挫折があるだろうなとは思ってましたが、こんなに早いとは思ってませんでした
どうなるんだろう?またひきこもるのかな?
とりあえずじんたんには頑張っても無駄なんだ、って思わないで欲しいですね
今回はダメだったけど、それまでにやったことは絶対無駄じゃなかったし




7話の感想はこんな感じです
次回以降は、これからじんたんはどうなるか?めんまの日記には他に何が書いてあるのか?
ここらへんに注目したいと思います
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。