スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ感想月曜~水曜

DOG DAYS 最終回
異国迷路のクロワーゼ 1話
アスタロッテのおもちゃ! 11話
GOSICK 20話
ゆるゆり 1話
ツインエンジェル 1話
神様ドォルズ 1話




■DOG DAYS

泣きはらしたエクレールの顔がたまらない…
そういうところ、エクレールは絶対に見せないんだよね
正統派のツンデレってやっぱり素晴らしい

再召喚の経緯がかなりご都合だったけど、このアニメはこのくらいでも構わないと思った
シンクの師匠的存在の女の子はどこかで出てくると思ったんだけど、ラストにちょろっとこんな扱いかよ…とちょっと残念

振り返ってみると途中少し重たい展開はあったものの、全体的に爽やかでいい雰囲気だった
ただ、4月はこれの他に良いオリジナルアニメが2つあったから、埋もれてしまった感は否めないかなぁ




■異国迷路のクロワーゼ

簡単に言うと19世紀のパリで湯音っていう名前の14歳の日本人の女の子(どう贔屓目に見ても14歳には見えない)が、右往左往しながら頑張る話

まず背景と音楽が素晴らしい
こだわって作ってるのがすごく伝わる

良いアニメって、背景のこだわり方で分かると思うんだけど、そのアニメにしかない!っていうものが絶対あって、今年のだと放浪息子とかあの花がそれに当たる
で、このアニメにもそれがあったんで、この段階で少なくとも脚本以外に面白くなる外堀は埋まったのかなぁと

で内容
まあ言ってしまえばパリの商店街のなんでもない日常の話(だと思う。パリ行った事ないからあまりわかんない)なんだけど、それを体験してるのが外国未体験の湯音だから、全てが新鮮なのね
そして住んでるクロードも日本人を見るのは初めてだから、湯音の一挙手一投足が新鮮(というか最初は受け入れられなかった感じだった)
「日本人はこう!」「フランス人はこう!」みたいな意見のぶつかり合いが見てて楽しかった

このアニメは俺の中ではかなり当たり




■アスタロッテのおもちゃ!

世界樹がナオヤと明日葉を異物として排除しようとしてるから、ナオヤと明日葉が元の世界に帰る、っていう話
明日葉がこまめにつけてた絵日記が消えたのは悲しかった…

回想シーンとか、明日葉がロッテに携帯を渡すところとか、どうしても湿っぽくなっちゃうよね
ここらへんの感情の動きが丁寧で好き

あとエリカさんとナオヤが並んで立ってる時、エリカさんとナオヤの間が微妙に空いてるんだけど、この距離感がなんか手出したいけど出せない!って感じでもどかしくて良かった

てか次で最終回なんだけど、イニの出番が全然なかったな…
出てきたのも中途半端な時期だったし

最終回では帰る前にロッテとナオヤがデートするらしい
デートイベントはロッテおもらし回の他にはないと思ってたからちょっと意外だった
ロッテがナオヤにキスしたら万事解決!みたいな展開には…さすがにならないかな?




■GOSICK

ココローズ編もそろそろ大詰め
今回は推理を強要されてるヴィクトリカを九條くんが助ける話

まさかブライアン・ロスコーが九條くんを助けるとは…
ブライアンにとってヴィクトリカはコルデリアの娘だから、って以外にも何かあるような感じ




■ゆるゆり

背景が薄い…主要4人の中の人の演技力が達してない…
ちなつちゃんはまだいいけど、京子と結衣には納得できない
うーん…って感じでした

一応生徒会と絡んで「罰金バッキンガム」が聞けるまでは見るけど、積極的に見たくはない
原作持ってるから、わざわざアニメで見なくても原作読み返せばよくね?程度

主題歌はアニソン!って感じで好み




■ツインエンジェル

主題歌と変身バンクと戦闘だけは良かった




■神様ドォルズ

OPの圧倒的存在感…さすが石川智晶さん
一度聞くと頭から離れない

村の古いしきたりとか、案山子の秘密とか、こういうの本当にたまらないよね!
設定は日本っぽいのに案山子のデザインからは日本を一切感じなくて、良い意味でとても歪
主人公は案山子持ってないのかな?それとも過去に何かあって失ったとか?

あと詩緒ちゃんがお兄ちゃん大好きで小動物かわいい
それなのに持ってる案山子はでかい、このアンバランスさがもうね…
昔から「ちっちゃい子の武器が超重武器」ってのは好き
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。